施術前にボトックスの副作用について学ぶ【ドクターの技術力が大切】

女の人

どんな治療が行われるのか

ボトックスの流れはカウンセリングから始まるのが一般的で、トラブルや副作用を起こさないためには医師としっかり相談することが大切です。またボトックスビスタを使用し、実績の多い医師がいるクリニックなら安心です。

顔に触れる女性

初めて治療を受ける方に

ボトックスは筋肉に起因する様々な悩みを改善する事ができ、筋肉を痩せさせる事で小顔や脚痩せ効果が期待できます。その他にも効果がありますが、副作用がないと言われているのはアラガン社製の正規品にのみ言われています。

カウンセリングが大切な訳

女医

信頼出来るドクター探し

筋肉部分に注入することで筋肉の動きを抑制し、小顔効果や若返り効果を期待出来るボトックス注射ですが、施術を受ける前には念入りにカウンセリングが行われます。カウンセリングではどの様な施術を受けたいのか1人1人しっかり悩みを確認し、それに合った施術の提案をしてもらうことが出来るでしょう。また、ボトックス注射をする上で筋肉がどの様についているのか把握する為にも筋肉の大きさや左右のバランスなどドクターがしっかりとチェックします。ボトックス注射は注射器だけで変化を得ることが出来る手軽な施術です。簡単な施術ではありますが、ドクターの技術力が大切になってくる施術の為、カウンセリングを行った際の状態の確認は非常に重要です。カウンセリングをきちんと行うことでその人に合った量や注入位置の調整を的確に行うことが出来るでしょう。もしこの作業をしっかり行わないと、副作用のリスクを高めてしまうことになってしまいます。もともと副作用自体少ない施術ではありますが、注入量や位置を間違ってしまえばイメージとは違う仕上がりになってしまったり、必要以上に効果が出過ぎてしまい表情が無くなってしまったりなどの副作用が出てしまうので信頼出来るドクターを選びましょう。ボトックス注射を受ける際に痛みについて気になる方もいるのではないでしょうか。このボトックス注射は麻酔なしでも行われるくらい痛みが少ない施術です。痛みと言えばボトックスを注入する際の痛みになりますが、事前に麻酔クリームや笑気麻酔を行ってくれるところもあります。もし麻酔をしていないところでもオプションで麻酔を追加出来るのでカウンセリングを受けた際に麻酔についても聞いてみましょう。施術後は腫れや内出血なども少なく、普段通りの生活を送ることが出来ます。また、もし腫れや赤みが出た場合でも数日で落ち着きます。まれに効果が効きすぎてしまい、笑顔がぎこちないなど副作用が出てしまうという場合があります。その場合、ボトックス注射の効果が薄れてくると徐々に副作用も改善されてきますが、何か気になる症状がある場合はクリニックに相談しましょう。クリニックではアフターケアにも力を入れているところがたくさんあります。施術後痛みや腫れが取れないなどどんなことでも良いので気になる場合はアフターケアを利用しましょう。