施術前にボトックスの副作用について学ぶ【ドクターの技術力が大切】

初めて治療を受ける方に

顔に触れる女性

安全性について知っておく

副作用のない安全な美容整形術と言われるボトックス治療ですが、小顔効果が広く知られています。実は小顔効果以外にも多くの美容効果があり、様々な悩みを改善する事ができます。ボトックスは効果成分であるボツリヌストキシンを注射で注入する事で様々な効果を得る治療法です。脳から筋肉への神経伝達を遮断して筋緊張を和らげ、筋肉がある事で起こるしわやたるみ、大きく太く見える印象を改善していきます。エラの筋肉が発達している事で張って大きく見せる要因の場合、その主原因である筋肉を痩せさせて結果的にエラの張りを抑えて小顔を得ます。これが代表的でよく知られている小顔効果なのですが、この作用機序より脚痩せにも効果があります。ダイエットで脂肪を落としても、筋肉が発達している筋肉太りにより脚がなかなか痩せない場合、ボトックス注射が適しています。筋肉太りの症状を改善するボトックスですが、それ以外にワキガの改善にも使われています。ワキガの発生原因は汗であり、その汗を抑える事で改善できます。注射して薬剤を注入しますが、副作用はなく厚生労働省も安全を認めている治療方法です。ボトックス治療は副作用がなく安全な治療方法ですが、その背景には厚生労働省が認めている事があります。だからボトックス治療は安全と何も考えずに治療を受ける事は避けるべきと言われています。その背景には安全性が立証されているものと立証されていないものがあるからです。ボトックス治療はボツリヌストキシンという薬剤を注入する治療方法です。この薬剤の安全性を厚生労働省が認めているのですが、認めているのはアラガン社製だけです。アラガン社製のボツリヌストキシンは世界中で使用され、副作用の報告もない安全な薬剤として世界で認められています。一般的に正規品と言われていますが、特許期限が切れているのでジェネリックがあります。ジェネリックは正規品より安いので、ボトックス治療をより安く受ける事が可能です。しかしジェネリックについては厚生労働省は安全性を認めておらず、世界中でも副作用の報告は少なからずあります。粗悪品もあり、医師も正規品での治療を推奨されています。体内に入れるものなので、安全性が認められている正規品を値段に惑わされずに選択する事が推奨されています。