施術前にボトックスの副作用について学ぶ【ドクターの技術力が大切】

エラやしわを効率よく改善

診察

ドクターの技術力で選ぼう

手軽に受けることが出来る施術として男女問わず人気が高いボトックス注射ですが、なぜしわやエラ張りを改善することが出来るのかその仕組みを知らない人も多いのではないでしょうか。実はこのボトックスはボツリヌス菌がつくる毒素を使用した施術です。ボトックス注射ではこのボツリヌス菌からたんぱく質を抽出し加工しているものが使われる為、毒素が悪影響を及ぼす心配はありません。この加工されたボトックスを患部に注入することで神経伝達物質であるアセチルコリンの働きを抑え、筋肉への命令を届きにくくすることが出来ます。命令が届かなくなった筋肉は徐々に動きがなくなりますが、動かなくなればどんどん筋肉は細くなります。それを利用したのがボトックス注射です。筋肉の影響により出来てしまった表情じわや咬筋を鍛えてしまったことによるエラ張りなどに効果を発揮してくれます。副作用も少ない施術ですが頭痛や患部の痛みなど起きてしまう場合もありますが、大きな副作用は無い安全性の高い施術です。副作用が少ない施術ではありますが、実はドクターの技術力によってそのリスクを高めてしまう場合があります。ボトックス注射はみんな同じ量を注入する訳ではありません。人それぞれ筋肉の大きさが違う様に、筋肉に合わせた注入量や注入位置を調整しなければいけません。もし注入量が多すぎてしまったなど誤った量を注入してしまうと、過剰に筋肉が反応してしまい顔に注入した場合であれば、笑顔がつくれなくなったり、眉毛がつり上がってしまったりなどの副作用が出てしまう場合もあります。そのことからボトックス注射に慣れており、経験値の高いドクターが在籍しているクリニックを選ぶことが大切です。経験が浅ければやはりその分不安があります。料金が安いからといって選ぶのではなく、技術力の高いドクターがいるかどうかで選ぶと良いでしょう。ボトックス注射は簡単な施術ですが、もし誤った量を注入すればそれが結果として現れます。少しでも安心して施術を受ける為にも、ドクター選びから慎重に行いましょう。