施術前にボトックスの副作用について学ぶ【ドクターの技術力が大切】

知っておきたい豆知識

看護師

どんな影響があるのか

ボトックス注射の薬剤にはボツリヌストキシンが使われており、これはボツリヌス菌が出す毒素で食中毒を起こす毒素として知られています。しかし注射で使われている薬剤は毒素を無くしたものを少量使うだけなので食中毒を起こす心配は無く、ボトックス注射は気になる部分に注射をするだけの簡単な施術で、基本的に副作用は無いと言われています。美容目的での効果は眉間と目じりのシワの解消になり、この効果に対しては日本の厚生労働省が認可していますが、他の部分に注射をする場合の効果は認められていません。そのため医師やクリニック選びは重要で、副作用を起こす原因は人によって異なりますが、経験の少ない医師による失敗も考えられるからです。また使用する薬剤はクリニックによって異なり、日本で認可されているのはボトックスビスタのみで、この製品で発生した副作用なら医薬品副作用被害救済制度によって救済給付の対象になります。ですからどの薬剤を使用しているのか、しっかり確認する必要があります。ボトックス注射後には一時的に変化を感じる事はあり、注射した付近の筋力低下によって何らかの影響が出る事があります。シワ改善のために注射をした場合には、頬が上手く動かない、笑った時に引きつる、不自然な笑い顔になる等が代表的な副作用になります。眼の周りに注射をした場合には瞼が垂れ下がったような状態になる場合があり、ふくらはぎに注射をした場合にはもつれやすくなり歩きにくい、足が疲れやすい等の副作用があります。万が一このような副作用が現れても、2週間程度で解消されるのでそれほど心配することはありません。また経験の少ない医師による失敗によって副作用が出る場合もあり、ボトックスの使用料の間違い、保管法要の間違いが考えられます。使用料を間違え、必要以上に多く注射をしてしまうと顔の筋肉が動かなくなり、目元に注射をした場合には自然に目を閉じられなくなってしまいます。冷凍保存する必要がある薬剤を常温や冷蔵保存してしまうと効果が得られなくなってしまい、副作用は無くても当然ですが効果も得ることは出来ません。