施術前にボトックスの副作用について学ぶ【ドクターの技術力が大切】

施術を受けて

女の人

筋肉部分で効果を発揮

角張ったエラなど、注射器一本で改善出来るのがボトックス注射です。神経伝達物質のアセチルコリンの働きを弱める効果を持っており、脳からの筋肉を動かせという命令を届きにくくする効果があります。メスを使わない施術の為、ほとんどダウンタイムを必要としないので施術を受けやすくなっているでしょう。ボトックス注射は筋肉に作用する為、筋肉が影響しているエラ張りなどに向いている施術です。脂肪や骨が原因の人には向いていません。自分がどちらのタイプか分からない場合はドクターにチェックしてもらいましょう。ボトックス注射はエラ張りだけでなく、年々深くなる表情じわにも効果を発揮します。表情じわの場合も、皮膚の下の表情筋が動くことで年々深くなってしまいます。この部分にボトックスを注入することで、しわが出来にくい肌をつくることが出来るでしょう。美容整形を受ける場合、副作用が気になる人も多いのではないでしょうか。この施術の場合、副作用が少なく安全性が高い施術となっています。ただし未熟なドクターに当たってしまうとそのリスクを高めてしまうので注意しましょう。誰でも受けやすいボトックス注射ですが、施術が終わった後注意しなければいけないことがいくつかあります。まずボトックス注入後、患部を強く押したり、マッサージをしたりするのはやめましょう。せっかくのボトックスが違うところにまで拡散してしまう恐れがあります。その為、イメージ通りの仕上がりにならないことも考えられるので強く押す様な行為はやめましょう。また、顔を洗う際もごしごし力を入れて擦ってしまうとそれが影響してしまう場合もあるので注意が必要です。ボトックス注射は注射器だけで効果を感じることが出来る為、美容整形がはじめての人でも受けやすい施術です。しかし、はじめて施術を受ける場合副作用についてなど分からないことも多いと思うので、その際はきちんとカウンセリングの際にドクターに確認しましょう。確認を怠ってしまったばっかりに施術後きちんと効果を実感出来なくては意味がありません。また、副作用が少ない施術ですが全く無い訳ではありません。気になる症状が出たり何か不安なことがあったりすればしっかり確認することが大切です。そうすることで理想の仕上がりを手に入れることが出来るでしょう。